【刀剣乱舞】おすすめゲーム紹介 とうらぶ

今回オススメするアプリは
育成シミュレーションの
『刀剣乱舞』です!

『刀剣乱舞』ってどんなゲーム?

DMMさんとニトロプラスさんの
共同制作によるゲーム。

なんと!
テレビや雑誌などで話題の

「刀剣女子」

を生み出した
作品なのです!

プレイヤーは
「審神者(さにわ)」となり

日本刀の擬人化「刀剣男士」
と共に戦っていく
というストーリー!

多彩なキャラや音楽、イラスト、キャラ同士のかけ合いなども楽しみの一つ♪

『刀剣乱舞』ストーリー紹介

西暦2205年。
歴史改変を目論む
「歴史修正主義者」

彼らに対抗すべく各時代に
送り込まれたのは
「審神者」と「刀剣男士」
たちだった。

「審神者」に任命されたあなたは
「刀剣男士」たちを目覚めさせ、
彼らに慕われながら戦い抜いてゆく……!


『刀剣乱舞』 登場キャラクター

『刀剣乱舞』には沢山の刀剣が
実装されているので、ここでは
一部の男士たちを紹介します!

【打刀(うちがたな)】

10代~20代の青年姿。
一番初めに選べる「初期刀」や、新撰組ゆかりの男士たちがいます。
その中でも、「初期刀」五振りの紹介です!

加州清光(かしゅうきよみつ)CV:増田俊樹
沖田総司が使っていたとされる刀。
爪紅やイヤリング、ヒールなどと
おしゃれさんの一面も。
加州清光

陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)CV:濱健人
坂本龍馬の愛刀とされている。
刀は時代遅れと言い、銃を持つ。
土佐弁で話し、剛直で明るい性格。
陸奥守吉行

蜂須賀虎徹(はちすかこてつ)CV:興津和幸
兄は近藤勇が使っていた打刀。
だが、兄が贋作なため反発している。
見た目通り高貴で凛々しい。
蜂須賀虎徹

歌仙兼定(かせんかねさだ)CV:石川界人
風流を愛する(自称)文系刀。
力に頼ってしまう悪い癖も。
元の持ち主は細川忠興。
歌仙兼定

山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)CV:前野智昭
キレイと言われることが嫌いなため
ずっと布を被っている。
写しであることがコンプレックス。
山姥切国広


【短刀(たんとう)】

幼い少年姿。
序盤や夜戦でお世話になるはず!
藤四郎兄弟が多いので、名前を覚え辛いかもしれません。

今剣(いまのつるぎ)CV:山下大輝
源義経の守り刀とされている。
天狗のような元気な少年。
薙刀の岩融と大の仲良し。
今剣

五虎退(ごこたい)CV:粕谷雄太
上杉家ゆかりの短刀。
藤四郎兄弟の一人。
泣き虫だが、やるときはやる!
五虎退

太鼓鐘貞宗(たいこがねさだむね)CV:髙橋孝治
伊達家ゆかりの短刀。
太刀の燭台切光忠とは
あだ名で呼び合う仲。
太鼓鐘貞宗


【脇差(わきざし)】

少年~青年の姿。
短刀と打刀との間に位置付けられます。

にっかり青江(あおえ)CV:間島淳司
幽霊を切ったという伝承が残る。
オッドアイとポニーテールが特徴。
他の脇差たちより大人っぽい。
にっかり青江

堀川国広(ほりかわくにひろ)CV:榎木淳弥
土方歳三が愛用していた
とされる脇差。
面倒見が良く、丁寧な物腰。
山姥切国広から兄弟と呼ばれる。
堀川国広


【太刀(たち)】

ほとんどが青年の姿。
全刀種のなかで、最も扱いやすい性能を持っています。

三日月宗近(みかづきむねちか)CV:鳥海浩輔
アプリアイコンにもなっている
『刀剣乱舞』の顔!
天下五剣のなかで
一番美しいとされる。
三日月宗近

大典太光世(おおでんたみつよ)CV:浪川大輔
天下五剣のひとつ。
病魔を切るとされているが、普段は蔵の中に仕舞われていた。
大典太光世

鶴丸国永(つるまるくになが)CV:斉藤壮馬
様々な人の手を渡り歩いた刀。
白尽くめの恰好に細い体を持つ。
驚かせることが好きな様子。
鶴丸国永


【大太刀(おおたち)】

巨大な大太刀を楽々と扱えるような姿が特徴。
ですが、例外もいます。

蛍丸(ほたるまる)CV:井口祐一
短刀の男士たちと
変わらないほどの小柄な姿!
蛍が集まり、直ったという
逸話が残されている。
蛍丸


【槍(やり)】

身長190 cm を超す姿。
育て上げるまでに時間が掛かりますが攻撃型になります。

日本号(にほんごう)CV:津田健次郎
天下三名槍のひとつ。
黒田藩にゆかりがある。
意外と義理堅い一面も。
日本号


【薙刀(なぎなた)】

一番大柄な姿。
一振りで全敵を一掃するなど、豪快なことをやってのけます。

岩融(いわとおし)CV:宮下栄治
弁慶が使っていた薙刀。
自分の身体とは逆の小さい男士を
よく可愛がっている姿も。
岩融


【PC版】刀剣乱舞は↓こちら



『刀剣乱舞』おすすめポイント!

リセマラ不要!

最近のゲームでは
最高のスタートダッシュを
決めるため
リセマラをするときもあります。

しかし!
『刀剣乱舞』では
リセマラは不要です!

地道に続けていけば
たとえ、無課金だとしても
全キャラ入手
夢ではないからです!

各合戦場でのドロップや
イベントでの確定報酬、
資源を投入しての「鍛刀」
などで刀剣男士を入手できます。

それだけではなく、
このゲームには
“使えないキャラ”はいない
ということも最大の特徴です!

自分のペースでこつこつと進められるゲームなので時間が取れないという方にもおすすめ!


プレイヤー「審神者」の設定がない!



おおざっぱな世界観は公式で
設定されていますが、
各プレイヤーの「審神者」や
プレイヤーの本拠地「本丸」の
詳しい設定はされていません。

そのため、妄想、考察したりと
自由に楽しむことができます!


様々なタイプの男士が選り取り見取り!

正統派イケメンやこじらせ系。
男の娘や小さい子好き。
超マイペースであったり、
兄が大好きであったり、
といろいろな男士がいます!

イベントのペースも早いので
次々と新しいキャラも
追加されていきますよ~♪

あなたの好きなキャラクターに出会えること間違いなし!

ゲームシステムを紹介!

キャラクター一人ひとりの
ボイスもイラストも魅力的な
『刀剣乱舞』のシステムを
詳しくご紹介します♪

鍛刀

手っ取り早く男士を
ゲットできる方法です。

「木炭・玉鋼・冷却材・砥石」
と呼ばれる資源を投入して
新しい男士をゲットします。

このとき、資源の量や運で
鍛刀できるキャラが変化!

たくさんの”レシピ”が出回って
いるので、探してみるのも
良いかもしれません♪

遠征

仕事や学校で
長時間育成できない……
ということもありますよね。

そんなときに活用できるのが
遠征システム です!

遠征時間はたった10分から
24時間という長時間のものまで
さまざまなステージがあります。

副産物として小判や資源などを
持ち帰ってくることもあります。
もちろん経験値も!


戦闘

戦闘
「キャラは魅力的だけど
ゲーム自体には自信ない」

といった方もいると思います。

ですが、安心してください!

『刀剣乱舞』の戦闘シーンは
フルオート機能なのです!

プレイヤーが操作するのは
戦闘最初の「陣形」と
「行軍を決行」か「帰城」かを
選ぶのみ!

「陣形」も有利・不利と
表示されることが多いので
その通りにタップしていきます。

たったそれだけで
出陣して、育成できるのも魅力☆


やり込み要素は?

育成して合戦場に送り込む。
ただそれだけではなく、
きちんとやりこみ要素も
満載なのが『刀剣乱舞』です!

フルボイスの特殊会話

特定のキャラ同士で発生する
フルボイスの特殊会話!
ここでは刀剣たちによる
「刀剣らしい考え」を
聞くことができます☆

ほとんどが同じ刀派の兄弟や
同じ元主を持つ男士による
特殊会話ですが
中には意外な組み合わせも
あったりしますよ!(^-^*)

そして、
鎧などの武装を解いた服装も
「内番」で見ることもできます♪

おそろいのジャージであったり、
ラフな格好になったりと
違った一面を目にすることも……!


真の力を発揮!「極(きわめ)」

五虎退 極
国広 極

充分なレベルになっている。
特定道具を所持している。
などの条件を満たしていると
「修行」に出すことができます。

「修行」で発揮される真の力!
ステータスが大幅に強化されたり
イラストとボイスが
「極」専用に!

現在「極」が実装されているのは
短刀、脇差、打刀の一部です。

打刀ではいよいよ初期刀たちの「極」が実装されて盛り上がりをみせていますよ~!
*2018/8現在

ゲーム外でも大人気!

アニメやコミカライズはもちろん
2.5次元ミュージカルが話題に!

それだけでなく、
実際の刀剣たちをモチーフに
しているので、
各地の博物館や美術館で
実際に見ることもできます!

博物館や市町村とコラボした
描き下ろしイラストも
人気のひとつ♪

アニメ続『刀剣乱舞-花丸-』PV↓

活撃も!!↓


アニメをもっと観てみたい~!
っという方はこちら↓
初月無料!アニメ作品が充実!ビデオマーケット

Blu-rayは、こちら↓
刀剣乱舞【Blu-ray】


コミカライズ版!
刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジー

刀剣乱舞―花丸―


『刀剣乱舞』おすすめポイントまとめ

◎個性的なキャラクターに出会える!
◎豪華声優陣、イラストレーター!
◎やり込み要素満載なゲームシステム!


アプリダウンロードはこちら↓
刀剣乱舞-ONLINE- Pocket

刀剣乱舞-ONLINE- Pocket

DMM GAMES LLC.無料posted withアプリーチ



PC版はこちらから↓
【PC】刀剣乱舞-ONLINE-

*よろしければ↓応援ポチお願いします♪
 ブログランキング・にほんブログ村へ